資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成25年度 問40

 宅地建物取引業者A(以下、本問において「A」という。)が、宅地建物取引業者でないB(以下、本問において「B」という。)に対し、中古マンションを売却した場合における瑕疵担保責任についての特約に関する次の記述のうち、民法及び宅地建物取引業法の規定によれば、有効なものはいくつあるか。

  1. 「売主Aは、買主Bとの売買契約締結の日から2年間瑕疵担保責任を負う」旨の特約
  2. 「瑕疵がある場合、買主Bは損害賠償請求と瑕疵の修補請求をすることができるが、いかなる場合でも契約の解除はできない」旨の特約
  3. 「売主Aは、買主Bが売買契約締結当時に知っていた瑕疵については、その責任を負わない」旨の特約
  4. 「売主Aは、その瑕疵についてAに何らの過失もない場合は、その責任を負わない」旨の特約
  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ

 

答え

       1

解説

  1. 「売主Aは、買主Bとの売買契約締結の日から2年間瑕疵担保責任を負う」旨の特約 ❌
    無効です。

  2. 「瑕疵がある場合、買主Bは損害賠償請求と瑕疵の修補請求をすることができるが、いかなる場合でも契約の解除はできない」旨の特約 ❌
    無効です。

  3. 「売主Aは、買主Bが売買契約締結当時に知っていた瑕疵については、その責任を負わない」旨の特約 ⭕️
    有効です。

  4. 「売主Aは、その瑕疵についてAに何らの過失もない場合は、その責任を負わない」旨の特約 ❌
    無効です。