資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成25年度 問48

 管理業務主任者に関する次の記述のうち、マンション管理適正化法によれば、空欄に当てはまる言葉の組み合わせとして正しいものはどれか。

  1. マンション管理業者がその事務所ごとに置かなければならない成年者である専任の管理業務主任者の数は、管理事務の委託を受けた管理組合の数を A で除したもの(1未満の端数は切り上げる。)以上とする。
  2. 管理業務主任者証の交付を受けようとする者で、管理業務主任者試験に合格した日から B に交付を受けようとする者については、国土交通大臣の登録を受けた者(登録講習機関)が行う講習を受けなくても交付を申請することができる。
  3. 管理業務主任者試験に合格した者で、管理事務に関し C の実務の経験を有する者は、国土交通大臣の登録を受けることができる。
  4. 管理業務主任者が、管理業務主任者として行う事務に関し、不正又は著しく不当な行為をしたときは、国土交通大臣は、その者に対し、 D の期間を定めて、管理業務主任者としてすべき事務を行うことを禁止することができる。

f:id:honmurapeo:20181111005830p:plain

 

答え

       4

解説

  1. マンション管理業者がその事務所ごとに置かなければならない成年者である専任の管理業務主任者の数は、管理事務の委託を受けた管理組合の数を 30 で除したもの(1未満の端数は切り上げる。)以上とする。
  2. 管理業務主任者証の交付を受けようとする者で、管理業務主任者試験に合格した日から 1年以内 に交付を受けようとする者については、国土交通大臣の登録を受けた者(登録講習機関)が行う講習を受けなくても交付を申請することができる。
  3. 管理業務主任者試験に合格した者で、管理事務に関し 2年以上 の実務の経験を有する者は、国土交通大臣の登録を受けることができる。
  4. 管理業務主任者が、管理業務主任者として行う事務に関し、不正又は著しく不当な行為をしたときは、国土交通大臣は、その者に対し、 1年以内 の期間を定めて、管理業務主任者としてすべき事務を行うことを禁止することができる。