資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成26年度 問3

 A、B、Cは、甲マンション内の一住戸(以下、本問において「本件専有部分」という。)を共同所有しており、その持分は、Aが2分の1、BとCがそれぞれ4分の1である。この場合に関する次のアからエの記述のうち、民法の規定によれば、誤っているもののみの組合せはどれか。

  1. A、B、Cは、それぞれ自己の持分の多寡とは関係なく、本件専有部分の全部について等しく使用することができる。
  2. Aが、本件専有部分を第三者に売却するためには、B又はCの同意を得なければならない。
  3. Bが、本件専有部分について自己の持分を放棄したときは、その持分はBの推定相続人に帰属する。
  4. Cは、本件専有部分の保存行為を単独ですることができる。
  1. ア・イ・ウ
  2. ア・イ・エ
  3. ア・ウ・エ
  4. イ・ウ・エ

 

答え

       1

解説

  1. A、B、Cは、それぞれ自己の持分の多寡とは関係なく、本件専有部分の全部について等しく使用することができる。 ❌
    誤りです。

  2. Aが、本件専有部分を第三者に売却するためには、B又はCの同意を得なければならない。 ❌
    誤りです。

  3. Bが、本件専有部分について自己の持分を放棄したときは、その持分はBの推定相続人に帰属する。 ❌
    誤りです。

  4. Cは、本件専有部分の保存行為を単独ですることができる。 ⭕️
    正しいです。