資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成26年度 問29

 修繕積立金に関する次の記述のうち、マンション標準管理規約によれば、不適切なものはいくつあるか。

  1. 積み立てた修繕積立金がかなり潤沢になったので、総会の決議により、その一部を取り崩して各区分所有者に配分した。
  2. 大規模修繕工事を間近に控えて、積み立てた修繕積立金が不足することがわかったので、総会の決議により、毎月徴収する修繕積立金月額を、各区分所有者の共用部分の共有持分にかかわらず、各戸同額の値上げを行った。
  3. 給水管取替え工事につき、総会の決議により、専有部分に係る工事費用を、積み立てた修繕積立金を取り崩して支払った。
  4. 駐車場使用料につき、駐車場の管理に要する費用に充てるほか、修繕積立金として積み立てた。
  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ

 

答え

       3

解説

  1. 積み立てた修繕積立金がかなり潤沢になったので、総会の決議により、その一部を取り崩して各区分所有者に配分した。 ❌
    不適切です。

  2. 大規模修繕工事を間近に控えて、積み立てた修繕積立金が不足することがわかったので、総会の決議により、毎月徴収する修繕積立金月額を、各区分所有者の共用部分の共有持分にかかわらず、各戸同額の値上げを行った。 ❌
    不適切です。

  3. 給水管取替え工事につき、総会の決議により、専有部分に係る工事費用を、積み立てた修繕積立金を取り崩して支払った。 ❌
    不適切です。

  4. 駐車場使用料につき、駐車場の管理に要する費用に充てるほか、修繕積立金として積み立てた。 ⭕️
    適切です。