資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成27年度 問23

 非常用照明装置及び誘導灯に関する次の記述のうち、建築基準法及び消防法(昭和23年法律第186号)によれば、最も適切なものはどれか。

  1. 非常用照明装置については消防法、誘導灯については建築基準法により、それぞれ設置基準が定められている。
  2. 誘導灯については、光源の種類としては白熱灯と蛍光灯に限られ、LEDランプは認められていない。
  3. 非常用照明装置については、直接照明、間接照明を問わず、床面から1mの高さにおいて1ルクス以上の照度を確保しなければならない。
  4. 非常用照明装置については、停電時の予備電源として蓄電池を用いる場合は、充電を行うことなく30分間継続して点灯するものでなければならない。

 

答え

       4

解説

  1. 非常用照明装置については消防法、誘導灯については建築基準法により、それぞれ設置基準が定められている。 ❌
    不適切です。

  2. 誘導灯については、光源の種類としては白熱灯と蛍光灯に限られ、LEDランプは認められていない。 ❌
    不適切です。

  3. 非常用照明装置については、直接照明、間接照明を問わず、床面から1mの高さにおいて1ルクス以上の照度を確保しなければならない。 ❌
    不適切です。

  4. 非常用照明装置については、停電時の予備電源として蓄電池を用いる場合は、充電を行うことなく30分間継続して点灯するものでなければならない。 ⭕️
    適切です。