資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成27年度 問42

 マンション建替組合(以下、本問において「組合」という。)に関する次の記述のうち、マンションの建替え等の円滑化に関する法律(平成14年法律第78号)の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. マンション建替事業を施行することができるのは、組合のみである。
  2. 組合の組合員となることができる者は、そのマンションの区分所有者又はその包括承継人に限られる。
  3. 組合は、建替えに参加しない旨を回答した区分所有者(その承継人を含み、その後に建替え合意者等となった者を除く。)に対し、区分所有権及び敷地利用権を時価で売り渡すべきことを請求することができる。
  4. 組合において権利変換計画及びその変更を行うときは、組合員の議決権及び持分割合の各4分の3以上の総会決議で決する。

 

答え

       3

解説

  1. マンション建替事業を施行することができるのは、組合のみである。 ❌
    誤りです。

  2. 組合の組合員となることができる者は、そのマンションの区分所有者又はその包括承継人に限られる。 ❌
    誤りです。

  3. 組合は、建替えに参加しない旨を回答した区分所有者(その承継人を含み、その後に建替え合意者等となった者を除く。)に対し、区分所有権及び敷地利用権を時価で売り渡すべきことを請求することができる。 ⭕️
    正しいです。

  4. 組合において権利変換計画及びその変更を行うときは、組合員の議決権及び持分割合の各4分の3以上の総会決議で決する。 ❌
    誤りです。