資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成27年度 問45

 宅地建物取引業者であるAが自ら売主として、宅地建物取引業者ではないB、又は宅地建物取引業者であるCとの間で、A所有のマンションの住戸の売買を行う場合に、宅地建物取引業法第35条の規定により行う重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. Aは、当該マンションが昭和56年5月31日以前に新築の工事に着手したものであるときは、自らその耐震診断を実施した上で、その報告書を重要事項説明書に添付しなければならない。
  2. Aは、当該マンションが住宅性能評価を受けた新築マンションであるときは、その旨を説明する必要がある。
  3. Aは、Bの自宅においては、重要事項の説明を行うことができない。
  4. Aは、Cに対しては、重要事項の説明を省略することができる。

 

答え

       2

解説

  1. Aは、当該マンションが昭和56年5月31日以前に新築の工事に着手したものであるときは、自らその耐震診断を実施した上で、その報告書を重要事項説明書に添付しなければならない。 ❌
    誤りです。

  2. Aは、当該マンションが住宅性能評価を受けた新築マンションであるときは、その旨を説明する必要がある。 ⭕️
    正しいです。

  3. Aは、Bの自宅においては、重要事項の説明を行うことができない。 ❌
    誤りです。

  4. Aは、Cに対しては、重要事項の説明を省略することができる。 ❌
    誤りです。