資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成29年度 問6

 AとBが、Bを受任者とする委任契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. Bは、Aの承諾がなければ、受任者たる地位を第三者に譲渡することができない。
  2. Bが後見開始又は保佐開始の審判を受けた場合、AB間の委任契約は終了する。
  3. Bが、委任事務の処理に際して、自己の過失によらず損害を受けた場合であっても、Aの指図について過失がなければ、Bは、Aに対し損害賠償の請求をすることができない。
  4. Bが無償で受任した場合は、Bが委任事務の処理に際して善管注意義務に違反したときであっても、Bは、Aに対し債務不履行責任を負わない。

 

答え

       1

解説

  1. Bは、Aの承諾がなければ、受任者たる地位を第三者に譲渡することができない。 ⭕️
    正しいです。

  2. Bが後見開始又は保佐開始の審判を受けた場合、AB間の委任契約は終了する。 ❌
    誤りです。

  3. Bが、委任事務の処理に際して、自己の過失によらず損害を受けた場合であっても、Aの指図について過失がなければ、Bは、Aに対し損害賠償の請求をすることができない。 ❌
    誤りです。

  4. Bが無償で受任した場合は、Bが委任事務の処理に際して善管注意義務に違反したときであっても、Bは、Aに対し債務不履行責任を負わない。 ❌
    誤りです。