資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成29年度 問20

 地震に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 地震の規模を表すマグニチュードは、その値が1増えるごとにエネルギーが約10倍になる。
  2. 日本では、地震による揺れの強さを表す震度を7階級としている。
  3. 日本では、現在でも、震度の判定は体感及び目視によっている。
  4. 地震波にはP波とS波があり、P波の方がS波より速く伝わる性質がある。

 

答え

       4

解説

  1. 地震の規模を表すマグニチュードは、その値が1増えるごとにエネルギーが約10倍になる。 ❌
    不適切です。

  2. 日本では、地震による揺れの強さを表す震度を7階級としている。 ❌
    不適切です。

  3. 日本では、現在でも、震度の判定は体感及び目視によっている。 ❌
    不適切です。

  4. 地震波にはP波とS波があり、P波の方がS波より速く伝わる性質がある。 ⭕️
    適切です。