資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成29年度 問22

 雨水排水設備に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 1㎜の雨が1㎡の面積に降ったときの量は、10リットルである。
  2. 敷地雨水管の流速は、毎秒2m以上になるように設計する。
  3. 敷地雨水管の起点や合流箇所、方向を変える箇所などに設置する雨水ますに設ける泥だまりは、100㎜以上とする。
  4. 敷地に降る雨の排水設備を設計する場合には、その排水設備が排水すべき敷地面積に、当該敷地に接する建物外壁面積の50%を加えて計算する。

 

答え

       4

解説

  1. 1㎜の雨が1㎡の面積に降ったときの量は、10リットルである。 ❌
    不適切です。

  2. 敷地雨水管の流速は、毎秒2m以上になるように設計する。 ❌
    不適切です。

  3. 敷地雨水管の起点や合流箇所、方向を変える箇所などに設置する雨水ますに設ける泥だまりは、100㎜以上とする。 ❌
    不適切です。

  4. 敷地に降る雨の排水設備を設計する場合には、その排水設備が排水すべき敷地面積に、当該敷地に接する建物外壁面積の50%を加えて計算する。 ⭕️
    適切です。