資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成29年度 問25

 長期優良住宅の普及の促進に関する法律によれば、次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 同法の目的には、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅の普及を促進することが含まれる。
  2. 同法における「建築」とは、住宅を新築することをいい、増築し、又は改築することを含まない。
  3. 長期優良住宅建築等計画の認定の申請に係る共同住宅の1戸の床面積の合計(共用部分の床面積を除く。)には、一定の基準がある。
  4. 所管行政庁から長期優良住宅建築等計画の認定を受けた者は、国土交通省令で定めるところにより、認定長期優良住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。

 

答え

       2

解説

  1. 同法の目的には、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅の普及を促進することが含まれる。 ⭕️
    正しいです。

  2. 同法における「建築」とは、住宅を新築することをいい、増築し、又は改築することを含まない。 ❌
    誤りです。

  3. 長期優良住宅建築等計画の認定の申請に係る共同住宅の1戸の床面積の合計(共用部分の床面積を除く。)には、一定の基準がある。 ⭕️
    正しいです。

  4. 所管行政庁から長期優良住宅建築等計画の認定を受けた者は、国土交通省令で定めるところにより、認定長期優良住宅の建築及び維持保全の状況に関する記録を作成し、これを保存しなければならない。 ⭕️
    正しいです。