資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

管理業務主任者 平成29年度 問38

 管理組合法人に関する次の記述のうち、区分所有法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 管理組合法人の住所は、その主たる事務所の所在地にあるものとする。
  2. 管理組合法人の財産をもってその債務を完済することができないときは、区分所有者は、規約に別段の定めがない限り共用部分の持分の割合に応じて、その債務の弁済の責任を負う。
  3. 法人格を有していない管理組合が管理組合法人になった場合、管理者の職務のうち、不当利得による返還金の請求及び受領については、当該管理組合法人の代表理事が承継することになる。
  4. 管理組合法人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。

 

答え

       3

解説

  1. 管理組合法人の住所は、その主たる事務所の所在地にあるものとする。 ⭕️
    正しいです。

  2. 管理組合法人の財産をもってその債務を完済することができないときは、区分所有者は、規約に別段の定めがない限り共用部分の持分の割合に応じて、その債務の弁済の責任を負う。 ⭕️
    正しいです。

  3. 法人格を有していない管理組合が管理組合法人になった場合、管理者の職務のうち、不当利得による返還金の請求及び受領については、当該管理組合法人の代表理事が承継することになる。 ❌
    誤りです。

  4. 管理組合法人の代理権に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。 ⭕️
    正しいです。