資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

宅建士 平成28年度 問18

 建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  2. 高さ30mの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
  3. 準防火地域内においては、延べ面積が2,000㎡の共同住宅は準耐火建築物としなければならない。
  4. 延べ面積が1,000㎡を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。

 

答え

       1

解説

  1. 防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。 ⭕️
    正しいです。

  2. 高さ30mの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。 ❌
    非常用の昇降機を設けなければならないのは、高さ31m超の建築物です。

  3. 準防火地域内においては、延べ面積が2,000㎡の共同住宅は準耐火建築物としなければならない。 ❌
    準防火地域内において延べ面積が1,500㎡超ならば、耐火建築物しなければなりません。

  4. 延べ面積が1,000㎡を超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない。 ❌
    耐火建築物、準耐火建築物には、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000㎡以内としなければならない規定は適用されません。