資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

宅建士 平成29年度 問9

 1億2,000万円の財産を有するAが死亡した。 Aには、配偶者はなく、子B、C、Dがおり、Bには子Eが、Cには子Fがいる。Bは相続を放棄した。また、Cは生前のAを強迫して遺言作成を妨害したため、相続人となることができない。この場合における法定相続分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。
  2. Dが1億2,000万円となる。
  3. Dが6,000万円、Fが6,000万円となる。
  4. Dが6,000万円、Eが6,000万円となる。

 

答え

       3

解説

  1. Dが4,000万円、Eが4,000万円、Fが4,000万円となる。 ❌
    誤りです。(3の解説参照)

  2. Dが1億2,000万円となる。 ❌
    誤りです。(3の解説参照)

  3. Dが6,000万円、Fが6,000万円となる。 ⭕️
    Bは相続を放棄したので、子Eが代襲相続人になることはできません。
    Cは相続人の欠格事由により相続権が無いですが、子Fは代襲相続人になります。
    そのため、DとFの2人が相続人となり、均等に分配されます。

  4. Dが6,000万円、Eが6,000万円となる。 ❌
    誤りです。(3の解説参照)