資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

宅建士 平成29年度 問50

 建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。
  2. 鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。
  3. 常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。
  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。

 

答え

       1

解説

  1. 木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。 ❌
    木材の強度は、含水率が小さい状態の方が高くなるため、不適当です。

  2. 鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。 ⭕️
    適当です。

  3. 常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。 ⭕️
    適当です。

  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。 ⭕️
    適当です。