資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題12

 ピアジェ(Piaget,J.)の認知発達理論に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 体積や量の保存の概念は,感覚運動期に獲得される。
  2. 自己中心的な思考は,形式的操作期の特徴である。
  3. 抽象的な論理的思考は,前操作期に発達する。
  4. 可逆的な操作は,具体的操作期に可能となる。
  5. 対象の永続性は,形式的操作期に獲得される。

 

答え

       4

解説

  1. 体積や量の保存の概念は,感覚運動期に獲得される。 ❌
    誤りです。

  2. 自己中心的な思考は,形式的操作期の特徴である。 ❌
    誤りです。

  3. 抽象的な論理的思考は,前操作期に発達する。 ❌
    誤りです。

  4. 可逆的な操作は,具体的操作期に可能となる。 ⭕️
    正しいです。

  5. 対象の永続性は,形式的操作期に獲得される。 ❌
    誤りです。