資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題24

 次のうち,日本の社会福祉制度に関する歴史の記述として,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 恤救規則(1874年(明治7年))は,政府の救済義務を優先した。
  2. 行旅病人及行旅死亡人取扱法(1899年(明治32年))は,救護法の制定によって廃止された。
  3. 感化法の制定(1900年(明治33年))を機に,内務省に社会局が新設された。
  4. 救護法(1929年(昭和4年))における救護施設には,孤児院,養老院が含まれる。
  5. 児童虐待防止法(1933年(昭和8年))は,母子保護法の制定を受けて制定された。

 

答え

       4

解説

  1. 恤救規則(1874年(明治7年))は,政府の救済義務を優先した。 ❌
    誤りです。

  2. 行旅病人及行旅死亡人取扱法(1899年(明治32年))は,救護法の制定によって廃止された。 ❌
    誤りです。

  3. 感化法の制定(1900年(明治33年))を機に,内務省に社会局が新設された。 ❌
    誤りです。

  4. 救護法(1929年(昭和4年))における救護施設には,孤児院,養老院が含まれる。 ⭕️
    正しいです。

  5. 児童虐待防止法(1933年(昭和8年))は,母子保護法の制定を受けて制定された。 ❌
    誤りです。