資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題27

 各国の福祉改革に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. スウェーデンのエーデル改革は,高齢者の保健医療は広域自治体,介護サービスはコミューンが実施責任を負うとする改革であった。
  2. イギリスのブレア内閣の社会的排除対策は,財政の効率化,市場化,家族責任など「大きな社会」理念に基づくものであった。
  3. 日本の介護保険制度は,給付に要する費用の全額を保険料の負担として,財源の安定を目指した。
  4. ドイツの介護保険制度は,障害者の介護サービスを除外して創設された。
  5. アメリカのTANF(貧困家族一時扶助)は,「就労から福祉へ」の政策転換であった。

 

答え

       1

解説

  1. スウェーデンのエーデル改革は,高齢者の保健医療は広域自治体,介護サービスはコミューンが実施責任を負うとする改革であった。 ⭕️
    適切です。

  2. イギリスのブレア内閣の社会的排除対策は,財政の効率化,市場化,家族責任など「大きな社会」理念に基づくものであった。 ❌
    不適切です。

  3. 日本の介護保険制度は,給付に要する費用の全額を保険料の負担として,財源の安定を目指した。 ❌
    不適切です。

  4. ドイツの介護保険制度は,障害者の介護サービスを除外して創設された。 ❌
    不適切です。

  5. アメリカのTANF(貧困家族一時扶助)は,「就労から福祉へ」の政策転換であった。 ❌
    不適切です。