資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題36

 認知症の人や家族の支援に関わる専門職とボランティアに関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 認知症サポーターは,地域包括支援センターから委嘱されて活動する。
  2. 日常生活自立支援事業における専門員は,原則として社会福祉士,精神保健福祉士等であって,一定の研修を受けた者である。
  3. 認知症地域支援推進員は,都道府県に配置され市町村の医療・介護等の支援ネットワーク構築の支援等を行う。
  4. 認知症ケア専門士は,認知症ケアに対する学識と技能及び倫理観を備えた専門の国家資格である。
  5. 介護相談員は,登録を行った後,介護相談員であることを証する文書が都道府県から交付される。

 

答え

       2

解説

  1. 認知症サポーターは,地域包括支援センターから委嘱されて活動する。 ❌
    不適切です。

  2. 日常生活自立支援事業における専門員は,原則として社会福祉士,精神保健福祉士等であって,一定の研修を受けた者である。 ⭕️
    適切です。

  3. 認知症地域支援推進員は,都道府県に配置され市町村の医療・介護等の支援ネットワーク構築の支援等を行う。 ❌
    不適切です。

  4. 認知症ケア専門士は,認知症ケアに対する学識と技能及び倫理観を備えた専門の国家資格である。 ❌
    不適切です。

  5. 介護相談員は,登録を行った後,介護相談員であることを証する文書が都道府県から交付される。 ❌
    不適切です。