資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題39

 地域における福祉ニーズの把握方法に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 特定のテーマを掘り下げるフォーカスグループインタビューは,単一の地域ニーズに焦点化するのに適した方法である。
  2. 困難な課題を抱えた住民や利用者の声を直接聞く個別インタビューは,地域ニーズの全体像を把握するのに適した方法である。
  3. 地域住民等が地域課題などを話し合いながら意見を集約していく方法である住民座談会は,地域ニーズを量的に把握するのに適した方法である。
  4. 実践課題の解決を重視するアクションリサーチは,研究者や専門家を関与させずに,当事者自身が地域ニーズを把握するのに適した方法である。
  5. 災害時における要援護者のマップ作りは,見守りが必要な人を視覚的に把握するのに適した方法である。

 

答え

       5

解説

  1. 特定のテーマを掘り下げるフォーカスグループインタビューは,単一の地域ニーズに焦点化するのに適した方法である。 ❌
    誤りです。

  2. 困難な課題を抱えた住民や利用者の声を直接聞く個別インタビューは,地域ニーズの全体像を把握するのに適した方法である。 ❌
    誤りです。

  3. 地域住民等が地域課題などを話し合いながら意見を集約していく方法である住民座談会は,地域ニーズを量的に把握するのに適した方法である。 ❌
    誤りです。

  4. 実践課題の解決を重視するアクションリサーチは,研究者や専門家を関与させずに,当事者自身が地域ニーズを把握するのに適した方法である。 ❌
    誤りです。

  5. 災害時における要援護者のマップ作りは,見守りが必要な人を視覚的に把握するのに適した方法である。 ⭕️
    正しいです。