資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題48

 近年の福祉計画等に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 地域福祉計画は,社会福祉法の制定(2000年(平成12年))により,市町村にその策定が義務づけられた。
  2. 障害者基本計画策定の目的が,障害者基本法改正(2011年(平成23年))により,障害者の福祉及び障害の予防に関する施策の推進を図ることとされた。
  3. 都道府県健康増進計画では,健康増進法改正(2014年(平成26年))により,特定健康診査等の具体的な実施方法を定めている。
  4. 市町村子ども・子育て支援事業計画では,地域子ども・子育て支援事業の従事者の確保などの措置を定めるものとされている。
  5. 第6期介護保険事業計画の基本指針では,2025年度(平成37年度)の介護需要等の見込みを示した上で,地域包括ケアシステムの特色を明確にすることが求められている。

 

答え

       5

解説

  1. 地域福祉計画は,社会福祉法の制定(2000年(平成12年))により,市町村にその策定が義務づけられた。 ❌
    誤りです。

  2. 障害者基本計画策定の目的が,障害者基本法改正(2011年(平成23年))により,障害者の福祉及び障害の予防に関する施策の推進を図ることとされた。 ❌
    誤りです。

  3. 都道府県健康増進計画では,健康増進法改正(2014年(平成26年))により,特定健康診査等の具体的な実施方法を定めている。 ❌
    誤りです。

  4. 市町村子ども・子育て支援事業計画では,地域子ども・子育て支援事業の従事者の確保などの措置を定めるものとされている。 ❌
    誤りです。

  5. 第6期介護保険事業計画の基本指針では,2025年度(平成37年度)の介護需要等の見込みを示した上で,地域包括ケアシステムの特色を明確にすることが求められている。 ⭕️
    正しいです。