資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題49

 「平成28年版厚生労働白書」における高齢化などに関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 高齢化率が7%を超えてから14%に達するまでの所要年数を比較すると,日本の方がフランスよりも短い。
  2. 2010年(平成22年)以降,日本の総人口は増加に転じた。
  3. 2014年(平成26年)における都道府県別の高齢化率をみると,東京都の高齢化率は全国平均より高い。
  4. 2015年(平成27年)における高齢者人口は,生産年齢人口を上回っている。
  5. 65〜69歳の労働力人口比率を2005年(平成17年)と2015年(平成27年)で比較すると,低下している。

 

答え

       1

解説

  1. 高齢化率が7%を超えてから14%に達するまでの所要年数を比較すると,日本の方がフランスよりも短い。 ⭕️
    正しいです。

  2. 2010年(平成22年)以降,日本の総人口は増加に転じた。 ❌
    誤りです。

  3. 2014年(平成26年)における都道府県別の高齢化率をみると,東京都の高齢化率は全国平均より高い。 ❌
    誤りです。

  4. 2015年(平成27年)における高齢者人口は,生産年齢人口を上回っている。 ❌
    誤りです。

  5. 65〜69歳の労働力人口比率を2005年(平成17年)と2015年(平成27年)で比較すると,低下している。 ❌
    誤りです。