資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題57

 障害者福祉制度の発展過程に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. 児童福祉施設入所中に18歳以上となる肢体不自由者が増加する問題に対応するため,身体障害者福祉法が制定された。
  2. 学生や主婦で任意加入期間中に国民年金制度に加入していなかったために無年金になった障害者を対象に,障害基礎年金制度が創設された。
  3. 支援費制度の実施により,身体障害者,知的障害者,障害児のサービスについて,利用契約制度が導入された。
  4. 障害者の権利に関する条約を批准するため,同条約の医学モデルの考え方を踏まえて,障害者基本法等の障害者の定義が見直された。
  5. 「障害者総合支援法」の施行により,同法による障害者の範囲に発達障害者が新たに含まれた。

(注)「障害者総合支援法」とは,「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」のことである。

 

答え

       3

解説

  1. 児童福祉施設入所中に18歳以上となる肢体不自由者が増加する問題に対応するため,身体障害者福祉法が制定された。 ❌
    不適切です。

  2. 学生や主婦で任意加入期間中に国民年金制度に加入していなかったために無年金になった障害者を対象に,障害基礎年金制度が創設された。 ❌
    不適切です。

  3. 支援費制度の実施により,身体障害者,知的障害者,障害児のサービスについて,利用契約制度が導入された。 ⭕️
    適切です。

  4. 障害者の権利に関する条約を批准するため,同条約の医学モデルの考え方を踏まえて,障害者基本法等の障害者の定義が見直された。 ❌
    不適切です。

  5. 「障害者総合支援法」の施行により,同法による障害者の範囲に発達障害者が新たに含まれた。 ❌
    不適切です。