資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題68

 生活保護の自立支援プログラムの「基本方針」に示される内容に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

(注)「基本方針」とは,「平成17年度における自立支援プログラムの基本方針について」(平成17年3月31日社援発第0331003号厚生労働省社会・援護局長通知)のことである。

  1. 各自治体の地域の実情に応じて設定されるものではない。
  2. 民間事業者等への外部委託は想定されていない。
  3. 組織的支援ではなく,現業員の個人の努力や経験により支援を行うことにしている。
  4. 就労による経済的自立のみならず,日常生活自立,社会生活自立など多様な課題に対応するものである。
  5. 被保護世帯の自立阻害要因の把握は求められていない。

 

答え

       4

解説

  1. 各自治体の地域の実情に応じて設定されるものではない。 ❌
    不適切です。

  2. 民間事業者等への外部委託は想定されていない。 ❌
    不適切です。

  3. 組織的支援ではなく,現業員の個人の努力や経験により支援を行うことにしている。 ❌
    不適切です。

  4. 就労による経済的自立のみならず,日常生活自立,社会生活自立など多様な課題に対応するものである。 ⭕️
    適切です。

  5. 被保護世帯の自立阻害要因の把握は求められていない。 ❌
    不適切です。