資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題74

 医療法の内容に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 病院又は診療所の管理者は,入院時の治療計画の書面の作成及び交付を口頭での説明に代えることができる。
  2. 市町村は,地域における現在の医療提供体制の把握と将来の医療需要の推計を勘案し,地域医療構想を策定することができる。
  3. 病床機能報告制度に規定された病床の機能は,急性期機能,回復期機能,慢性期機能の三つである。
  4. 一般病床,療養病床を有する病院又は診療所の管理者は,2年に1度,病床機能を報告しなければならない。
  5. 病院,診療所又は助産所の管理者は,医療事故が発生した場合には,医療事故調査・支援センターに報告しなければならない。

 

答え

       5

解説

  1. 病院又は診療所の管理者は,入院時の治療計画の書面の作成及び交付を口頭での説明に代えることができる。 ❌
    誤りです。

  2. 市町村は,地域における現在の医療提供体制の把握と将来の医療需要の推計を勘案し,地域医療構想を策定することができる。 ❌
    誤りです。

  3. 病床機能報告制度に規定された病床の機能は,急性期機能,回復期機能,慢性期機能の三つである。 ❌
    誤りです。

  4. 一般病床,療養病床を有する病院又は診療所の管理者は,2年に1度,病床機能を報告しなければならない。 ❌
    誤りです。

  5. 病院,診療所又は助産所の管理者は,医療事故が発生した場合には,医療事故調査・支援センターに報告しなければならない。 ⭕️
    正しいです。