資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題80

 事例を読んで,次の親族関係における民法上の扶養に関する記述として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 L(80歳)には長男(55歳)と次男(50歳)がいるが,配偶者と死別し,現在は独居である。長男は妻と子(25歳)の三人で自己所有の一戸建住居で暮らし,次男は妻と重症心身障害のある子(15歳)の三人でアパートで暮らしている。最近,Lは認知症が進行し,介護の必要性も増し,介護サービス利用料などの負担が増えて経済的にも困窮してきた。

  1. 長男と次男がLの扶養の順序について協議できない場合には,家庭裁判所がこれを定める。
  2. 長男及び次男には,扶養義務の一環として,Lの成年後見制度利用のための審判請求を行う義務がある。
  3. 長男の自宅に空き部屋がある場合には,長男はLを引き取って扶養する義務がある。
  4. 次男が生活に困窮した場合,Lは,長男に対する扶養請求権を次男に譲渡することができる。
  5. 長男の子と次男の子以外の者が全て死亡したときには,長男の子は次男の子を扶養する義務を負う。

 

答え

       1

解説

  1. 長男と次男がLの扶養の順序について協議できない場合には,家庭裁判所がこれを定める。 ⭕️
    適切です。

  2. 長男及び次男には,扶養義務の一環として,Lの成年後見制度利用のための審判請求を行う義務がある。 ❌
    不適切です。

  3. 長男の自宅に空き部屋がある場合には,長男はLを引き取って扶養する義務がある。 ❌
    不適切です。

  4. 次男が生活に困窮した場合,Lは,長男に対する扶養請求権を次男に譲渡することができる。 ❌
    不適切です。

  5. 長男の子と次男の子以外の者が全て死亡したときには,長男の子は次男の子を扶養する義務を負う。 ❌
    不適切です。