資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題83

 次の事例を読んで,Q市福祉課職員の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 Q市に居住するMさん(80歳,女性)は,40年前に離婚し,その後再婚した。再婚した夫には,再婚時に既に成人し家庭を設けている子がいたが,再婚に反対し,再婚後もMさんとの交流を拒絶している。その夫も5年前に亡くし,Mさんは2,000万円の財産を相続した。Mさんは,最近,認知症が進行し,悪質商法の被害にも遭っているようで,民生委員が心配してQ市福祉課職員にMさんの成年後見制度の利用に関して相談に来た。

  1. 民生委員に,成年後見開始の審判の申立てを依頼する。
  2. Mさんに実子がいる場合,実子に成年後見開始の審判の申立てを命じる。
  3. 再婚相手の子に,成年後見開始の審判の申立てを命じる。
  4. 市長申立てによる成年後見開始の審判の手続を検討する。
  5. 前夫が生存している場合,前夫に成年後見開始の審判の申立てを依頼する。

 

答え

       4

解説

  1. 民生委員に,成年後見開始の審判の申立てを依頼する。 ❌
    不適切です。

  2. Mさんに実子がいる場合,実子に成年後見開始の審判の申立てを命じる。 ❌
    不適切です。

  3. 再婚相手の子に,成年後見開始の審判の申立てを命じる。 ❌
    不適切です。

  4. 市長申立てによる成年後見開始の審判の手続を検討する。 ⭕️
    適切です。

  5. 前夫が生存している場合,前夫に成年後見開始の審判の申立てを依頼する。 ❌
    不適切です。