資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題84

 現行の統計法に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。/p>

  1. 一般統計調査は,行政機関が行う統計調査のうち基幹統計調査以外の調査のことをいう。
  2. 基幹統計調査である国勢調査は,10年ごとに無作為抽出による調査が行われる。
  3. 調査を実施する行政機関は,その機関内に統計委員会を置かなければならない。
  4. 基幹統計の公表の場合には,インターネットを利用した公表が禁じられている。
  5. 成年被後見人には,基幹統計調査の報告を求められることはない。<

 

答え

       1

解説

  1. 一般統計調査は,行政機関が行う統計調査のうち基幹統計調査以外の調査のことをいう。 ⭕️
    正しいです。

  2. 基幹統計調査である国勢調査は,10年ごとに無作為抽出による調査が行われる。 ❌
    誤りです。

  3. 調査を実施する行政機関は,その機関内に統計委員会を置かなければならない。 ❌
    誤りです。

  4. 基幹統計の公表の場合には,インターネットを利用した公表が禁じられている。 ❌
    誤りです。

  5. 成年被後見人には,基幹統計調査の報告を求められることはない。 ❌
    誤りです。