資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題86

 全数調査と標本調査に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 標本調査の場合,測定誤差は生じない。
  2. 無作為抽出による標本調査の場合,母集団の性質について統計的に推測できる。
  3. 標本調査の場合,標本誤差は生じない。
  4. 全数調査の場合,測定誤差は生じない。
  5. 全数調査の場合,母集団から一部を取り出し,取り出した全員を対象に調査する。

 

答え

       2

解説

  1. 標本調査の場合,測定誤差は生じない。 ❌
    誤りです。

  2. 無作為抽出による標本調査の場合,母集団の性質について統計的に推測できる。 ⭕️
    正しいです。

  3. 標本調査の場合,標本誤差は生じない。 ❌
    誤りです。

  4. 全数調査の場合,測定誤差は生じない。 ❌
    誤りです。

  5. 全数調査の場合,母集団から一部を取り出し,取り出した全員を対象に調査する。 ❌
    誤りです。