資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題90

 質的調査に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

  1. エスノメソドロジーの会話分析は,民族の文化を描きだす方法である。
  2. グラウンデッド・セオリー・アプローチでは,分析を進めた結果としてこれ以上新しい概念やカテゴリーが出てこなくなった状態を,理論的飽和と呼ぶ。
  3. 非構造化面接とは,インタビューの質問項目をある程度計画しておき,話の流れに応じて柔軟に聞き取りをしていく方法である。
  4. トライアンギュレーションとは,調査者と調査対象者が協力して行う調査方法である。
  5. フォーカスグループインタビューとは,無作為に選ばれた調査対象者を集め,グループで聞き取りを行う方法である。

 

答え

       2

解説

  1. エスノメソドロジーの会話分析は,民族の文化を描きだす方法である。 ❌
    不適切です。

  2. グラウンデッド・セオリー・アプローチでは,分析を進めた結果としてこれ以上新しい概念やカテゴリーが出てこなくなった状態を,理論的飽和と呼ぶ。 ⭕️
    適切です。

  3. 非構造化面接とは,インタビューの質問項目をある程度計画しておき,話の流れに応じて柔軟に聞き取りをしていく方法である。 ❌
    不適切です。

  4. トライアンギュレーションとは,調査者と調査対象者が協力して行う調査方法である。 ❌
    不適切です。

  5. フォーカスグループインタビューとは,無作為に選ばれた調査対象者を集め,グループで聞き取りを行う方法である。 ❌
    不適切です。