資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題97

 事例を読んで,母子生活支援施設の母子支援員(社会福祉士)の対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 Aさん(31歳,女性)とBちゃん(7歳,女児)は,市の福祉事務所を通じて,母子生活支援施設に入所している。Aさんは,夫の暴力に耐え切れず,仕事を辞め,Bちゃんを連れて逃げてきた。AさんとBちゃんの母子関係は良いが,Bちゃんには精神的に不安定な面がある。このため,Bちゃんは学校を休みがちである。Aさんは夫と離婚し,新たな仕事を見つけ,Bちゃんとの安定した生活を得たいという。

  1. Bちゃんへの個別対応は,Bちゃんが通う学校の学級担任に一任する。
  2. Bちゃんの治療のため,児童相談所に児童自立支援施設への入所を依頼する。
  3. Aさんの就業に当たって,最寄りの母子家庭等就業・自立支援センターに関する情報を提供し,その利用の可能性についてAさんと検討する。
  4. Aさんの退職の理由を詳細に聞くため,元の仕事先を訪問する。
  5. 夫が勤務する会社に連絡し,配偶者暴力の背景となる要因がないか確認する。

 

答え

       3

解説

  1. Bちゃんへの個別対応は,Bちゃんが通う学校の学級担任に一任する。 ❌
    不適切です。

  2. Bちゃんの治療のため,児童相談所に児童自立支援施設への入所を依頼する。 ❌
    不適切です。

  3. Aさんの就業に当たって,最寄りの母子家庭等就業・自立支援センターに関する情報を提供し,その利用の可能性についてAさんと検討する。 ⭕️
    適切です。

  4. Aさんの退職の理由を詳細に聞くため,元の仕事先を訪問する。 ❌
    不適切です。

  5. 夫が勤務する会社に連絡し,配偶者暴力の背景となる要因がないか確認する。 ❌
    不適切です。