資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題100

 ソーシャルワーク実践理論に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. グループワークを体系化したのは,リッチモンド(Richmond,M.)である。
  2. 治療モデルを確立したのは,タフト(Taft,J.)とロビンソン(Robinson,V.)である。
  3. 生活モデルを提唱したのは,ピンカス(Pincus,A.)とミナハン(Minahan,A.)である。
  4. ジェネラリスト・ソーシャルワークは,ソーシャルワーク理論の統合化により発展した。
  5. ナラティブ・アプローチは,専門性に基づく支援者の知識に着目した。

 

答え

       4

解説

  1. グループワークを体系化したのは,リッチモンド(Richmond,M.)である。 ❌
    誤りです。

  2. 治療モデルを確立したのは,タフト(Taft,J.)とロビンソン(Robinson,V.)である。 ❌
    誤りです。

  3. 生活モデルを提唱したのは,ピンカス(Pincus,A.)とミナハン(Minahan,A.)である。 ❌
    誤りです。

  4. ジェネラリスト・ソーシャルワークは,ソーシャルワーク理論の統合化により発展した。 ⭕️
    正しいです。

  5. ナラティブ・アプローチは,専門性に基づく支援者の知識に着目した。 ❌
    誤りです。