資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題101

 事例を読んで,この場面における解決志向アプローチに基づくFスクールソーシャルワーカー(社会福祉士)の対応方法として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 Gちゃん(9歳,女児)には,1年ほど前から不登校の傾向が見られる。Fスクールソーシャルワーカーは,Gちゃん宅を訪問し,Gちゃんやその母親と2週間に1回程度の定期的な面接を行っていた。しかし,登校できる日数が徐々に減ってきた。Gちゃんは学校に行きたいと思っているが,朝起きると身体が動かず,登校することができないとのことであった。

  1. Gちゃんが学校に行くことのできない原因の分析を行った。
  2. Gちゃんに,変える必要のある考え方や行動について伝えた。
  3. Gちゃん自身ではなく,家族の問題の克服を目指した。
  4. Gちゃんに,学校に行き授業を受ける必要性を強く意識させた。
  5. Gちゃんが学校に行くことのできた日の状況や行動に焦点を当てた。

 

答え

       5

解説

  1. Gちゃんが学校に行くことのできない原因の分析を行った。 ❌
    不適切です。

  2. Gちゃんに,変える必要のある考え方や行動について伝えた。 ❌
    不適切です。

  3. Gちゃん自身ではなく,家族の問題の克服を目指した。 ❌
    不適切です。

  4. Gちゃんに,学校に行き授業を受ける必要性を強く意識させた。 ❌
    不適切です。

  5. Gちゃんが学校に行くことのできた日の状況や行動に焦点を当てた。 ⭕️
    適切です。