資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題105

 事例を読んで,この段階における社会福祉協議会のH社会福祉士の対応に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 P町の社会福祉協議会のH社会福祉士は,J民生委員からKさん世帯の相談を受けた。Kさん(70歳,女性)は,一人息子(45歳)との二人暮らしである。息子は20代に統合失調症を発症し,その後,精神科に入退院を繰り返していた。1年前に退院し,定期的に通院していたが,このところ通院が不定期になっている。最近,J民生委員はKさんから,「息子が暴力まではいかないが,暴言を吐くことがある」と聞き,Kさん世帯を心配するようになった。

  1. P町の保健師と家庭を訪問し,息子の病状と世帯の生活状態を把握する。
  2. 息子に社会生活技能訓練(SST)を受けさせるための手続を行う。
  3. 息子の主治医に連絡し,措置入院の手続を行う。
  4. 息子の自立を当面の目標にして,就労支援サービスに結び付ける。
  5. Kさん一家の家計状況について,地域住民から情報収集を行う。

 

答え

       1

解説

  1. P町の保健師と家庭を訪問し,息子の病状と世帯の生活状態を把握する。 ⭕️
    適切です。

  2. 息子に社会生活技能訓練(SST)を受けさせるための手続を行う。 ❌
    不適切です。

  3. 息子の主治医に連絡し,措置入院の手続を行う。 ❌
    不適切です。

  4. 息子の自立を当面の目標にして,就労支援サービスに結び付ける。 ❌
    不適切です。

  5. Kさん一家の家計状況について,地域住民から情報収集を行う。 ❌
    不適切です。