資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題108

 事例を読んで,Q市社会福祉協議会のA社会福祉士の用いた面接技法を示すものとして,正しいものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 Q市社会福祉協議会に,一人暮らしのBさん(42歳,男性)が生活が苦しいと相談に訪れた。Bさんは20代後半まで正規就労していたが,体調不良により離職した。それ以来,不安定な就労が続いている。「親には迷惑を掛けたくないし,行政のお世話になるのも気が引ける…」と黙り込むBさんに,A社会福祉士は,「どうにもならなくて,おつらいのですね」と伝えた。

  1. 開かれた質問
  2. 直面化
  3. 自己開示
  4. 対決
  5. 感情の反映

 

答え

       5

解説

  1. 開かれた質問 ❌
    誤りです。

  2. 直面化 ❌
    誤りです。

  3. 自己開示 ❌
    誤りです。

  4. 対決 ❌
    誤りです。

  5. 感情の反映 ⭕️
    正しいです。