資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題110

 事例を読んで,C相談支援専門員(社会福祉士)によるストレングス視点に基づいた対応として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 X指定特定相談支援事業所のC相談支援専門員は,軽度の知的障害があるDさん(18歳)の,特別支援学校高等部卒業後のサービス利用に関する会議を開催することとなった。会議では,Dさん自身からサービス利用について話をしたいとの希望があったので,発言の機会を持つことにしていた。しかし,直前になって,「みんなの前に出るのが不安なので,発言できるか分からない」と言った。

  1. サービス実施には専門職の意見が重要視されるので,Dさんが発言をやめても差し支えないと伝える。
  2. C相談支援専門員がDさんの思いを代わりに伝えるので,発言しなくても良いと説明する。
  3. 発言すると自分が決めた以上は,最後まで責任を持ってやり遂げるように指導する。
  4. 自分から発言しようとしたことを尊重し,会議で発言する内容や方法を一緒に考える。
  5. 代わりに家族に発言してもらった方が良いと提案する。

 

答え

       4

解説

  1. サービス実施には専門職の意見が重要視されるので,Dさんが発言をやめても差し支えないと伝える。 ❌
    不適切です。

  2. C相談支援専門員がDさんの思いを代わりに伝えるので,発言しなくても良いと説明する。 ❌
    不適切です。

  3. 発言すると自分が決めた以上は,最後まで責任を持ってやり遂げるように指導する。 ❌
    不適切です。

  4. 自分から発言しようとしたことを尊重し,会議で発言する内容や方法を一緒に考える。 ⭕️
    適切です。

  5. 代わりに家族に発言してもらった方が良いと提案する。 ❌
    不適切です。