資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題112

 事例を読んで,E家庭支援専門相談員(社会福祉士)が行った社会資源のアセスメントに関する次の記述のうち,適切なものを2つ選びなさい。
〔事例〕
 Y乳児院に入所しているFちゃん(2歳)の母親は,自身の慢性疾患による病状が安定したことから,引取りを希望している。そのため,E家庭支援専門相談員はFちゃんの退所を検討することとした。面談の結果,母親の状況として把握したことは以下のとおりである。退所後は,母親とFちゃんの二人で暮らす予定である。親族は他県に住む母親の姉だけである。近隣の人とは挨拶程度の付き合いである。

  1. 近隣の人は,挨拶程度の付き合いなので社会資源に該当しないと判断する。
  2. 他県に住む母親の姉は,遠方なので社会資源に該当しないと判断する。
  3. 母親のかかりつけ医は,Fちゃんにとっても社会資源に該当すると判断する。
  4. 地域子ども・子育て支援サービスを利用するために必要な情報は,社会資源に該当すると判断する。
  5. 退所した乳児院は,社会資源に該当しないと判断する。

 

答え

       3, 4

解説

  1. 近隣の人は,挨拶程度の付き合いなので社会資源に該当しないと判断する。 ❌
    不適切です。

  2. 他県に住む母親の姉は,遠方なので社会資源に該当しないと判断する。 ❌
    不適切です。

  3. 母親のかかりつけ医は,Fちゃんにとっても社会資源に該当すると判断する。 ⭕️
    適切です。

  4. 地域子ども・子育て支援サービスを利用するために必要な情報は,社会資源に該当すると判断する。 ⭕️
    適切です。

  5. 退所した乳児院は,社会資源に該当しないと判断する。 ❌
    不適切です。