資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題124

 福祉・介護サービス提供体制の確保に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 福祉サービス第三者評価事業は,福祉サービスの質の向上を目的に創設された。
  2. 介護サービス情報の公表制度では,介護保険事業を行う全事業所への調査が義務づけられている。
  3. 社会福祉事業の経営者は,利用者等からの苦情の解決を所在地の市町村に委ねなくてはならない。
  4. 市町村は,社会福祉法に基づき,運営適正化委員会を設けなければならない。
  5. 個人データは,利用する必要がなくなった場合でも,電子データとして保存するよう努めなければならない。

 

答え

       1

解説

  1. 福祉サービス第三者評価事業は,福祉サービスの質の向上を目的に創設された。 ⭕️
    正しいです。

  2. 介護サービス情報の公表制度では,介護保険事業を行う全事業所への調査が義務づけられている。 ❌
    誤りです。

  3. 社会福祉事業の経営者は,利用者等からの苦情の解決を所在地の市町村に委ねなくてはならない。 ❌
    誤りです。

  4. 市町村は,社会福祉法に基づき,運営適正化委員会を設けなければならない。 ❌
    誤りです。

  5. 個人データは,利用する必要がなくなった場合でも,電子データとして保存するよう努めなければならない。 ❌
    誤りです。