資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題129

 右片麻痺で嚥下機能が低下した状態にある人に対する食事介護の在り方として,適切なものを2つ選びなさい。

  1. 食形態は,きざみ食が適している。
  2. 食前に嚥下体操を行う。
  3. 食事の時は,左側にクッションを入れ座位姿勢が保てるようにする。
  4. 右側から食事介助をする。
  5. 口腔内の右側に食物残渣がないか確認をする。

 

答え

       2, 5

解説

  1. 食形態は,きざみ食が適している。 ❌
    不適切です。

  2. 食前に嚥下体操を行う。 ⭕️
    適切です。

  3. 食事の時は,左側にクッションを入れ座位姿勢が保てるようにする。 ❌
    不適切です。

  4. 右側から食事介助をする。 ❌
    不適切です。

  5. 口腔内の右側に食物残渣がないか確認をする。 ⭕️
    適切です。