資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題130

 事例を読んで,緩和ケアチームにおけるソーシャルワーカー(社会福祉士)の主な役割として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 Jさん(60歳)は,自宅で妻(58歳)と二人暮らしである。先日,腹部に違和感があり,病院で受診した。その結果,ステージⅣの胃がん(他の器官への転移あり。)が見つかった。主治医は,病状の進行状況を勘案し,自宅での療養を勧めた。主治医と夫婦で話し合い,在宅での療養に同意した。妻は病院内のソーシャルワーカーと共に,Jさんの緩和ケアを目指した在宅療養について,話合いを始めた。ソーシャルワーカーは,主治医,看護師,訪問看護師,薬剤師,介護支援専門員と共に関係者会議を行った。

  1. 身体的痛みに対するコントロール
  2. 医療的ケアへの助言
  3. 療養に関わる助成制度や経済的な問題への助言
  4. 薬物療法への助言
  5. 日常の介護の相談

 

答え

       3

解説

  1. 身体的痛みに対するコントロール ❌
    不適切です。

  2. 医療的ケアへの助言 ❌
    不適切です。

  3. 療養に関わる助成制度や経済的な問題への助言 ⭕️
    適切です。

  4. 薬物療法への助言 ❌
    不適切です。

  5. 日常の介護の相談 ❌
    不適切です。