資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題132

 介護保険法における指定居宅サービス事業者(地域密着型サービスを除く)の指定に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 指定居宅サービス事業者は,市町村長が指定を行う。
  2. 事業者は,市町村長から3年ごとに指定の更新を受けなければならない。
  3. 市町村長は,事業者からの廃業の届出があったときは,公示しなければならない。
  4. 都道府県知事は,居宅介護サービス費の請求に関する不正があったとき,指定を取り消すことができる。
  5. 事業の取消しを受けた事業者は,その取消しの日から起算して3年を経過すれば指定を受けることができる。

 

答え

       4

解説

  1. 指定居宅サービス事業者は,市町村長が指定を行う。 ❌
    誤りです。

  2. 事業者は,市町村長から3年ごとに指定の更新を受けなければならない。 ❌
    誤りです。

  3. 市町村長は,事業者からの廃業の届出があったときは,公示しなければならない。 ❌
    誤りです。

  4. 都道府県知事は,居宅介護サービス費の請求に関する不正があったとき,指定を取り消すことができる。 ⭕️
    正しいです。

  5. 事業の取消しを受けた事業者は,その取消しの日から起算して3年を経過すれば指定を受けることができる。 ❌
    誤りです。