資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題134

 指定居宅介護支援事業所の介護支援専門員の役割に関する次の記述のうち,正しいものを2つ選びなさい。

  1. 居宅サービス計画を作成した際に,当該居宅サービス計画を利用者及び担当者に交付しなければならない。
  2. 居宅サービス計画原案の内容について,文書でサービス担当者から同意を得なければならない。
  3. 実施状況の把握(モニタリング)に当たり,月に2回以上,利用者に訪問面接をしなければならない。
  4. 居宅サービス計画には,介護給付等対象サービス以外の,地域の住民による自発的な活動によるサービスを含めてはならない。
  5. 利用者が訪問看護,通所リハビリテーション等の医療サービスを希望している場合,利用者の同意を得て主治医等の意見を求めなければならない。

 

答え

       1, 5

解説

  1. 居宅サービス計画を作成した際に,当該居宅サービス計画を利用者及び担当者に交付しなければならない。 ⭕️
    正しいです。

  2. 居宅サービス計画原案の内容について,文書でサービス担当者から同意を得なければならない。 ❌
    誤りです。

  3. 実施状況の把握(モニタリング)に当たり,月に2回以上,利用者に訪問面接をしなければならない。 ❌
    誤りです。

  4. 居宅サービス計画には,介護給付等対象サービス以外の,地域の住民による自発的な活動によるサービスを含めてはならない。 ❌
    誤りです。

  5. 利用者が訪問看護,通所リハビリテーション等の医療サービスを希望している場合,利用者の同意を得て主治医等の意見を求めなければならない。 ⭕️
    正しいです。