資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題136

 幼保連携型認定こども園に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 児童福祉法に規定する保育所の一類型として位置づけられている。
  2. 保育教諭及び社会福祉士を置かなければならない。
  3. 満3歳未満の保育を必要とする子どもは,入園の対象から除外されている。
  4. 設置主体にかかわらず,保育料は市町村が徴収する。
  5. 学校及び児童福祉施設として位置づけられている。

 

答え

       5

解説

  1. 児童福祉法に規定する保育所の一類型として位置づけられている。 ❌
    誤りです。

  2. 保育教諭及び社会福祉士を置かなければならない。 ❌
    誤りです。

  3. 満3歳未満の保育を必要とする子どもは,入園の対象から除外されている。 ❌
    誤りです。

  4. 設置主体にかかわらず,保育料は市町村が徴収する。 ❌
    誤りです。

  5. 学校及び児童福祉施設として位置づけられている。 ⭕️
    正しいです。