資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題143

 障害者雇用率制度に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

  1. 2018年(平成30年)4月1日から,法定雇用率の算定基礎の対象に精神障害者が含まれることになっている。
  2. 重度身体障害者は,障害者雇用率の算定上,一人をもって三人とみなされる。
  3. 特例子会社とは,事業内容を勘案して障害者の雇用義務を課さないと認められた子会社のことである。
  4. 法定雇用率未達成の事業主は,利益率に応じて障害者雇用納付金を納付しなければならない。
  5. 国や地方公共団体には,一般の民間企業より低い法定雇用率が課せられている。

 

答え

       1

解説

  1. 2018年(平成30年)4月1日から,法定雇用率の算定基礎の対象に精神障害者が含まれることになっている。 ⭕️
    正しいです。

  2. 重度身体障害者は,障害者雇用率の算定上,一人をもって三人とみなされる。 ❌
    誤りです。

  3. 特例子会社とは,事業内容を勘案して障害者の雇用義務を課さないと認められた子会社のことである。 ❌
    誤りです。

  4. 法定雇用率未達成の事業主は,利益率に応じて障害者雇用納付金を納付しなければならない。 ❌
    誤りです。

  5. 国や地方公共団体には,一般の民間企業より低い法定雇用率が課せられている。 ❌
    誤りです。