資格ナビ

様々な資格・検定について、試験情報、過去問題(模擬試験)等をお届けします

社会福祉士 第30回 問題150

 事例を読んで,医療観察中にD社会復帰調整官がEさんに対して行うことのできた業務として,最も適切なものを1つ選びなさい。
〔事例〕
 保護観察所のD社会復帰調整官は,医療観察の対象者であるEさんを担当して,指定入院医療機関に入院中の生活環境の調整に始まり,関係機関との連携を図るケア会議を開催した。その後,Eさんは退院し,入院によらない医療を受けながら自宅での生活を行った。その間,精神科病院への一時的入院もあったが,法定期間満了前に処遇の終了を迎えることができた。

  1. Eさんの生活環境の調整を保護司に委ねた。
  2. Eさんの精神保健観察中に「守るべき事項」を決定した。
  3. 開催されたケア会議において,Eさんの退院許可の決定を行った。
  4. 入院によらない医療を受けているEさんに対して,「精神保健福祉法」の規定による入院を行うための調整をした。
  5. Eさんの指定通院医療機関による医療の終了を決定した。

(注)「精神保健福祉法」とは,「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」のことである。

 

答え

       4

解説

  1. Eさんの生活環境の調整を保護司に委ねた。 ❌
    不適切です。

  2. Eさんの精神保健観察中に「守るべき事項」を決定した。 ❌
    不適切です。

  3. 開催されたケア会議において,Eさんの退院許可の決定を行った。 ❌
    不適切です。

  4. 入院によらない医療を受けているEさんに対して,「精神保健福祉法」の規定による入院を行うための調整をした。 ⭕️
    適切です。

  5. Eさんの指定通院医療機関による医療の終了を決定した。 ❌
    不適切です。